乳酸菌を多く含む食物

http://www.ymcadelta.org/mennekikatuseika.htmlにも書いてあるように乳酸菌はありとあらゆる食品に存在している菌です。普通にしていれば特に人体に悪い影響を及ぼすことはありません。が、かといって良いことも起こりません。
悪玉菌でもなく善玉菌でもない、どっちつかずのこういった菌を「日和見菌」と呼びます。なんだかのんびりした言葉です。

そんな日和見な乳酸菌ではありますが、良い方向に活用しようとすれば体内のバランスをうまく保ってくれる働きをします。その代表的なものが「腸内環境を整える」という働きです。

乳酸菌をたくさん含む食べ物http://www.williapps.com/n020.htmlは、ヨーグルト、チーズなどの乳製品です。もう一つ、乳酸菌をたくさん含んでいる身近な食べ物はぬか漬けや白菜漬け、キムチなどです。乳酸菌の力で発酵させた食品は、名前の通り、食べると少し酸味があります。

最近流行りの調味料、塩麹にもたくさん乳酸菌が含まれています。昔からある発酵食品に比較的たくさん含まれているので、昔の人は経験上腸の具合を整えるにはお漬物と知っていました。

食べ物からたくさん取れるので、子どもでも安心して摂取できます。子ども用の乳酸飲料水もあるくらい安全な菌です。摂りすぎで体が悪くなるということもありませんので、便秘気味の人は意識して乳酸菌を含む食べ物をたくさん摂るようにしてください。

 また下記の記事も参考に是非ご覧ください。

 ビフィズス菌と乳酸菌の違い⇒  http://www.pyamf.org/bihuxizusu.html
 混同しがちなこの二つの違いについても知っておきましょう。  

↑ PAGE TOP