乳酸菌の理想の摂取量とその効果

理想的な生活を送るために健康維持に余念のない方は少なくありません。まずは運動と食事からとお考えの方も良い食品をどれくらい摂取したらいいのか目安量を明確に知りたいと思われている方も多いかもしれません。
とくに整腸作用があり生きたまま腸に届き腸内環境をきちんと整えてくれる働きをもつヨーグルトの乳酸菌は毎日でも積極的に摂取したい食品の一つです。しかし一日どれくらい摂取するのが効果的なのでしょう。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌を一日、200g~300g摂取すると便秘に効果的といわれています。
http://www.nurie.srgt.jp/multiplication.htmlにも書いてあるようにヨーグルトには1mlで乳酸菌1000万個含まれています。1mlを1gとして換算した場合200gの摂取量で約20億個もの乳酸菌が身体に運ばれていく計算となります。そのため、一日1個のヨーグルトを摂取することが理想です。

毎日たべても乳酸菌やビフィズス菌は腸内に定着することがないため新たな菌を毎日届けてあげることが大切です。一度に多量に摂取したとしてもそれ以上に効果を得ることはできません。消化機能の弱い方ですと下痢など健康に被害を及ぼす可能性もありますので避けた方が良いでしょう。

ヨーグルトを摂取する目的が美肌やダイエットを目指している場合は整調作用が活発になるゴールデンタイム(22時~2時頃)があるため朝より夜に摂取することをおすすめします。

 納豆と乳酸菌の相乗効果⇒http://www.n-suisan.jp/yumetobi/maguro/index.html

↑ PAGE TOP